ホーム の中の 税理士法人リライアンスからのお知らせ の中の 【メルマガ】税務調査 vol.3

税理士法人リライアンスからのお知らせ

【メルマガ】税務調査 vol.3

15/05/15


「これは社長の個人的な経費に該当するので役員賞与になります」

 税務調査でこんなことを言われた社長さんはいらっしゃいませんか?

 社長の個人的な旅費や交際費を計上していると、こんなことを言われてしまうリスクがあります。
 では、役員賞与として認定されてしまうと、どうなってしまうのでしょうか?
 まず、役員賞与に関しては法人の経費として認められず否認されてしまいます。 更に給与課税されてしまうので社長の所得税や住民税にも影響が出てしまいます。まさにダブルパンチです!
 
 役員報酬は定時株主総会の時に改定をした後は変えることが出来ない、ということは皆さん気をつけているかと思います。(定期同額給与というやつですね。) 
 ただ、ここにばかり目が行ってしまって個人的な経費が紛れてしまっていると上記のようなことにもなりかねません。
 日々の正しい会計記帳が大切なんですね。


※過去・その他の記事は こちら
※起業・経営に役立つメルマガ登録は こちら

  • 税金相談・税務顧問・会社設立・独立起業のお問い合わせ
  • 関連会社
  • 士業交流会縁

ページトップへ